読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビスポークの革靴職人マンガ「IPPO」

今回は少し変わったものをご紹介します。

今年に入って初めてビスポークという言葉を知りました。
知人から「IPPO」というマンガを紹介してもらった時の話です。

IPPO 1 (ヤングジャンプコミックス)

IPPO 1 (ヤングジャンプコミックス)

「一足30万から」。 一条歩、職業・靴職人。12歳でフィレンツェに渡り、17歳から名門下の靴職人として働いた青年は、22歳の今年、東京にひっそりと店を構えた。その名は“IPPO"。極上を知る青年の店は、安くはない適正価格をとるが、上客、珍客、美しい客……とさまざまな客が訪れる。腕は確か、されど若造。そんな靴職人青年の手仕事ストーリー、はじまりはじまり。

主人公はビスポークの革靴職人です。
ビスポークとはオーダーメイドのことで、作中では一足30万円で制作を請け負っています。

さすがにそれだけのお金を受け取ってつくるということもあり
作中でも主人公の一条歩は足の採寸だけでなく

「実際に履く靴下はどれくらいのぶ厚さか」
「どんな服と合わせるのか」
「誰と会う時に履くのか」

細かく聞こうとするシーンが何度も出てきます。

一歩はこうも言います。

「あなたに履かれて完成です」

ただ靴を作るのではなく、その人にどう寄り添うか
どうその人の一部になるか考えているような、そんな話がたくさん出てきます。

世界で1足の靴

また1巻ではある「変わった注文」をする、亡き父の影を追いかけるお客さんの靴をつくることになります。
その靴を引き渡す時に一歩は

「この靴はあなたの足 歩き方に合わせて作ったもの」
「世界で1足のあなただけの靴です」

と伝えます。

靴作りを通じて、お店に来たひとりひとりの人生や生きる道に気付きや変化を与える
なんともカッコよく、それでいてまた繊細なビスポーク職人の姿を見られるのがこのマンガの心地よいところです。

僕自身、ビスポークに挑戦する気はなかったのですが
このマンガを通じてビスポークの革靴、そしてその職人に少し興味が湧いてきました。

まだ4巻までしか刊行されてないので、1日でサクッと読めるところもオススメです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

IPPO 1【電子書籍】[ えすとえむ ]
価格:500円 (2016/11/27時点)