読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビスポークの革靴職人マンガ「IPPO」

今回は少し変わったものをご紹介します。

今年に入って初めてビスポークという言葉を知りました。
知人から「IPPO」というマンガを紹介してもらった時の話です。

IPPO 1 (ヤングジャンプコミックス)

IPPO 1 (ヤングジャンプコミックス)

「一足30万から」。 一条歩、職業・靴職人。12歳でフィレンツェに渡り、17歳から名門下の靴職人として働いた青年は、22歳の今年、東京にひっそりと店を構えた。その名は“IPPO"。極上を知る青年の店は、安くはない適正価格をとるが、上客、珍客、美しい客……とさまざまな客が訪れる。腕は確か、されど若造。そんな靴職人青年の手仕事ストーリー、はじまりはじまり。

主人公はビスポークの革靴職人です。
ビスポークとはオーダーメイドのことで、作中では一足30万円で制作を請け負っています。

さすがにそれだけのお金を受け取ってつくるということもあり
作中でも主人公の一条歩は足の採寸だけでなく

「実際に履く靴下はどれくらいのぶ厚さか」
「どんな服と合わせるのか」
「誰と会う時に履くのか」

細かく聞こうとするシーンが何度も出てきます。

一歩はこうも言います。

「あなたに履かれて完成です」

ただ靴を作るのではなく、その人にどう寄り添うか
どうその人の一部になるか考えているような、そんな話がたくさん出てきます。

世界で1足の靴

また1巻ではある「変わった注文」をする、亡き父の影を追いかけるお客さんの靴をつくることになります。
その靴を引き渡す時に一歩は

「この靴はあなたの足 歩き方に合わせて作ったもの」
「世界で1足のあなただけの靴です」

と伝えます。

靴作りを通じて、お店に来たひとりひとりの人生や生きる道に気付きや変化を与える
なんともカッコよく、それでいてまた繊細なビスポーク職人の姿を見られるのがこのマンガの心地よいところです。

僕自身、ビスポークに挑戦する気はなかったのですが
このマンガを通じてビスポークの革靴、そしてその職人に少し興味が湧いてきました。

まだ4巻までしか刊行されてないので、1日でサクッと読めるところもオススメです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

IPPO 1【電子書籍】[ えすとえむ ]
価格:500円 (2016/11/27時点)


良質でお手頃 無印良品のウール100%タートルネック

秋冬コーデに使いやすいタートルネック

こないだ無印良品タートルネックを買ってみました。

f:id:takanamito:20161115223347j:plain

首のチクチクをおさえた・洗えるタートルネック|紳士 | 無印良品ネットストア http://www.muji.net/store/campaign/detail/C1310110102#snSection1-1

何よりうれしいのはウール100%なところ。
正確にいうと

  • 本体: ウール100%
  • 襟: ウール50% ポリエステル50%

です。
商品名のとおり、チクチク感をおさえるために襟だけポリエステル配合になっているようですね。

バリエーションは?

いまだと2パターン展開されています。両方とも5000円を切っていて非常にリーズナブル!
身長170cm 体重55kgの僕はSでぴったりでした。

首のチクチクをおさえた洗えるミドルゲージタートルネック 紳士S・オフ白 | 無印良品ネットストア

首のチクチクをおさえた洗えるタートルネック 紳士S・オフ白 | 無印良品ネットストア

秋冬コーデ

実際に着てみると、さすがウール100%だけあってとても暖かい。
11月に入っても、このタートルネックにMA-1を合わせるだけでけっこういけちゃいます。

オススメの合わせ方はモノトーンコーデ
最近流行りの白スニーカーや、シティ感のあるバックパックと合わせてもいいかもですね。

f:id:takanamito:20161115230644j:plain

SHIPS 横浜店福山さんのブルゾンを使ったコーディネート - ZOZOTOWN http://zozo.jp/coordinate/?cdid=4956098&kid=13087

僕は以前紹介したMA-1とコンバースの生成りのスニーカーと合わせて着たりしています。

www.good-clothes.life

www.good-clothes.life

職人の手作り Athena Designs(アテナデザイン)のアランニット

アランニットをいうものをご存知でしょうか?

アイルランド西岸のアラン諸島で、昔から漁師たちが着ていた防寒用の手編みセーターです。
このアランニットで有名なのが「インバーアラン」と「アテナデザイン」の2ブランド。

今回は価格帯が少し低めに設定されているアテナデザインを紹介しようと思います。

f:id:takanamito:20161103233411j:plain

画像引用元:「Athena Designsのアランニット」URBAN RESEARCH - SHOP BLOG
http://ur-blog.jp/doors/doorshakata/188543/

Athena Designsのアランニット

アテナデザインはアイルランド製のニット製品をつくっています。
1つ1つの製品は永久ライセンスを持つ熟練のニッターにより、丁寧に編みあげられます。
それぞれのタグには編んだ職人のサインも入っており、とても"特別感"のある一品となっています。

Rafieさん(@rafie311)が投稿した写真 -

このニットは、保温性を高めるためウール100%でかなり厚めに編み上げられ
縄のような模様に大きめのウッドボタンと、トレンドに流されることのない素朴なつくりが特徴です。

f:id:takanamito:20161103232901j:plain

またオイルドセーターといって、ウールに脂分を残した状態で編むセーターなので
購入直後は、一般的なウール製品と違って少しツヤ感というかしっとりと重厚感のある感じです。

本来は漁師さんが防寒性や耐久性を高めるために、脂分を残していたそうですよ。
こういう歴史を知るとより楽しくなりますよね。

ただ僕はそんなことは知らず、洗濯機で洗ったりドライクリーニングに出したりもしていたので
上に貼った3枚目の写真のように、すっかり脂分は抜けてしまいました(T_T)
この反省は次回以降に活かそうと思います。

別注モデルもあるようです。女性が着ると温かみがあって雰囲気が柔らかくなりますよね。

手編みのよさ

なんといっても最大の特徴は職人の手編みです。
店頭に並んでいる商品は、同じサイズでも着てみると微妙にサイズが違うことがあるほど。

実際に現地では、職人がお家で編んだものをメーカーが厳選して出荷しているそうですよ。

手編みで肉厚な記事を編んでいるので、けっこう丈夫です。
僕は既に2シーズンほど着て、洗濯機での洗濯やクリーニングも数回していますが、一切ヘタっていません。
お値段もそれなりにする商品なので、大切に長く着ていたいものです。

トレンドに左右されない昔ながらの素朴なニット
少し贅沢をしてみたい方にぜひオススメの特別な一品です。

(アテナデザイン)Athena Designs Aran Crew ARAN CREW  WHITE 34

(アテナデザイン)Athena Designs Aran Crew ARAN CREW WHITE 34


コンバース MADE IN JAPANのプレミア感を生み出すバルカナイズド製法

誰もが知るCONVERSEのスニーカー
そのラインナップの中にMADE IN JAPANモデルがあるのをご存知でしょうか?

f:id:takanamito:20150707125351j:plain

キャンバスオールスターとは異なる生成りテープ、コットンシューレース、ヒールパッチの下部分に施された「MADE IN JAPAN」の印字がプレミアム感を演出。 ホワイトのキャンバスに赤字で印されたインソールのコンバースロゴは、日本の国旗をイメージしています。
【CONVERSE MADE IN JAPAN】 | JOURNAL STANDARD MEN'S 公式ブログ

特殊な製法

MADE IN JAPANモデルは「バルカナイズド製法」と呼ばれる手法を用いています。

この製法はスニーカーのソールと本体を接着する手法で
ソールと本体の間に高温のゴムを流し込み、釜で高い圧力をかけて圧着させることでソールと本体をくっつけます。

この製法のいいところは、キャンパス地とゴム底という全く異なる素材を強力に接着できるところにあります。

スニーカーを長く履いていると、つま先やかかとからソールが剥がれてしまい履けなくなる経験は誰にもあると思うのですが
バルカナイズド製法で作られたスニーカーは強力にソールが接着されているため、非常に丈夫でなかなかソールが剥がれません。

またゴムで圧着しているため、実際に歩いてみると地面をつかむ独特の感覚に感動します。

バルカナイズド製法のデメリット

そんなバルカナイズド製法にもデメリットがあります。

ソールが強力に接着されているため、剥がして交換することができません。

ただ僕はこれくらいの価格帯のスニーカーであれば、ソールを交換して履くのはコスパがあまりいいとは思いません。
ソールの減りも楽しみながら履いていくのもまたひとつ、いい付き合い方ではないでしょうか。

通常のラインナップより少し高価なモデルではありますが
理由あってこその値段です。"ちょっといいCONVERSE" 周りと差をつけるにはもってこいなスニーカー
一足持っていて損はしないモデルです。

僕は、ただの白じゃない少し上品な雰囲気をかもしだす"生成り"のモデルをオススメします。
デニムにもスラックスにも合わせやすく、これからの寒いシーズンにぴったりのスニーカーです。

2016AWコーデにもバッチリ MA-1の定番ALPHA(アルファ)

ここ数年で秋冬の定番アイテム化しつつあるMA-1

トレンドということもあり、着ている人も多いですが
僕は実際に買う際に非常に悩みました。

細身(171cm, 55kg)の体に合うMA-1は選ぶのが難しかったからです。

本来のMA-1

MA-1の由来はご存知の方も多いと思いますが、米空軍のフライトジャケットです。

パイロットの体温を保護するための中綿が入っているため、シルエットは大きくなりやすく
座った時に干渉しないように着丈は短く作られています。

いわゆる着ぶくれしやすいアイテムのため
細身の自分に合うコーディネートにMA-1を使うのが難しく、なかなか購入に踏み切れずにいました。

国内セレクトショップのMA-1

ただ、国内有名セレクトショップに足を運んでみると
同じ悩みを抱える日本人が多いのか、中綿がほとんど入っていないモデルや
着丈が長めに取られており、中にきたシャツの裾が出にくくなっているものが売られています。

これを買おうかとも思ったのですが
MA-1の本来の形である、いい意味の野暮ったさがなくなっているなと感じてしまい
こういう形のものもなかなか購入に踏み切れませんでした。

ALPHAのMA-1

そんなこんなで、2016年のAWシーズンに突入し
また店頭でMA-1を見る機会が増えてきました。

ある日URBANRESEARCH DOORSに入ったのですが、とてもバランスのよい形のMA-1を見つけました。

f:id:takanamito:20161024000108j:plain:w350

アーバンリサーチドアーズ x ALPHA別注 MA-1です。

ALPHAは1959年創業のブランドで、実際に空軍にMA-1(フライトジャケット)を供給もしていました。
そのALPHAはミリタリー仕様の製品を供給しつつも、タウンユース向けに改良した製品を一般市場に向けて販売もしています。
MA-1といえばALPHAと名前が上がるほどですね。

www.alpha-usa.jp

日本人向けのMA-1

本来アメリカの空軍仕様で作られたMA-1なので、細身の日本人が着るとどうしても大きく見えてしまいます。
そこで先述の通りALPHAも、少しシルエットをタイトに絞ったMA-1を販売しています。

今回見つけたMA-1もDOORS別注のMA-1ということで、若干ですが身幅がタイトに作られている感じ。
ただ腕周りは中綿も詰まっているため本来の太さもあり、なんともいえないバランス感になっています。

www.urdoors.com

店員さんに聞いたところ昨年も同様の別注MA-1を出していたようなのですが
去年に比べシルエットが太くなっており、より本来のMA-1に近くなっているとのこと。

また中綿にはおなじみのプリマロフトが使われているため、非常に軽量で保温性はバツグンです。

ちなみに去年のMA-1はこちらですね。今年のものよりも確かに細身です。

URBAN RESEARCH - SHOP BLOG

数あるMA-1のブランドの中でも、有名セレクトショップがALPHA別注で作ったものは比較的日本人に合わせやすいのではないでしょうか


BEAMS別注もよさそうですね。

2016AW SCYE x URBAN RESEARCHの名作ダッフルコート

2016の秋冬新作 アーバンリサーチのサイ別注ダッフルコート

我慢できずに買ってしまいました

f:id:takanamito:20161019235118j:plain:w350

Scyeの定番アイテム ダッフルコートです。

Scye(サイ)とは

サイ(Scye)のアイテムは、イギリスのテーラリングを基礎に置いており、カジュアルでベーシックなアイテムを、より上品にデザインしています。
19世紀のエドワーディアンズタイルに見られる英国式のテーラリングを、クリエーションのベースに、現代的な解釈を加え、再構築することでクラッシックとモダン融合した新しいスタイルを提案表層的なデザインのみならず、カッティングや内部構造にも配慮した服作りをしていてブリティッシュなイメージが強いですが日本のブランドです。

URBAN RESEARCH - SHOP BLOG http://ur-blog.jp/ur/sannomiya/1-07/2-201610/

このダッフルコートの他にも、ポロシャツやポケットTシャツ
ボタンダウンシャツも持っているのですが
なんというか、とても"まじめ"な服作りをしている印象です。

特徴

今回買ったダッフルコートも、細かいところまで配慮の行き届いた
まじめで上品なつくりが目立ちます。

肉厚の生地

f:id:takanamito:20161021194723j:plain:w350

ウール100%の密度の高い肉厚な生地が使われており、これからのシーズンも安心。 また通常は展開のない黒を採用しており、シックな雰囲気を醸し出しています。

ディテイールの細かい配慮

f:id:takanamito:20161021194810j:plain:w350

袖口のリブなど、細かい箇所への配慮が満載です。
寒さをしっかり防いでくれる心遣いがうれしいですね。

f:id:takanamito:20161021195831j:plain:w350

また生地の裏地はチェック柄、さりげないブリティッシュ要素。
こういう目に見えないところの一工夫にぐっときてしまいます(_)

まとめ

この記事を書きながらも見惚れてしまうほど上質なダッフルコート

お値段は決して安くないです、、、 (購入に踏み切るのにけっこう勇気がいりました)

ただ、確実に何年も着られる"名作"ダッフルコートですので、アウターを決め兼ねている方にはオススメの一品です。


MacBook Pro 15インチが入るAppleリュック「THE NORTH FACE BACKPACK BITE 25」

今日はアウトドアブランドで有名なノースフェイスのバックパック
「THE NORTH FACE BACKPACK BITE 25」を紹介します。

f:id:takanamito:20161017232613j:plain

画像引用元 THE NORTH FACE BACKPACK BITE 25 : Apple Store / The North Face直営店限定販売モデルをメインのバッグに切替えました。 | favLife with iPhone http://www.favlife.com/archives/20244

僕が買ったのは2年ほど前、仕事柄Macを常備しないといけないため
容量の大きなバックパックを探していました。

たまたま知人から15インチが入るNORTH FACEのリュックがあるよ。 と教えてもらい、実物を見て一目惚れしたのでそのまま購入しました。

普段、通勤や休日にMacを持って出かける時など、かなりハードに使っています。

ボックスタイプのデザインなので
通勤などのシティユースやスーツに合わせてもバッチリです。

Macが収納可能な大容量

何よりも魅力的なのが容量。25L入ります。

そしてAppleが限定販売していただけあって、Macをすっぽり収納することができます。
クッション素材が裏地に使用されており、安心して持ち運べるところも好印象。

f:id:takanamito:20161017231815j:plain:w350

アウトドアブランドゆえのタフさ

タフなところもまたいいです。

さすがアウトドアブランドだけあって
多少の雨では一切内側は濡れず

2年間ハードにつかっても、大きく型崩れはしていません。

f:id:takanamito:20161017231939j:plain:w350

意外な盲点

しかしこのバックパック、人気商品なんでしょうか
同じような型でモデルチェンジを繰り返しており、ぱっと見では同じバックパックを持つ人によく遭遇します(°_°)

僕の勤める会社でも、社長を含む3人から 「それ、同じの持ってるよ 笑」と言われるほど。

購入を検討されている方は、周りに既に持ってる人がいないか要チェックです。

とはいえ、それだけいいモノであり
売れている商品という証明でもあります。

バックパックに迷っている方は、ぜひ購入を検討してはいかがでしょうか?


楽天Amazonも当時のモデルはもう置いてないみたいですね、、、